0120-535-544

供養したいと思ったら‥水子供養予約専用。通話料無料 電話受付9:00~19:00

インターネットからのお申込みは、こちら

実用書のご紹介とインタビュー

実用書のご紹介

水子供養運営実践講座

これからの水子供養運営実践講座/㈱四季社発行

監修:藤井正雄(大正大学名誉教授)
平成20年1月30日発行
水子供養の寺【蓮浄院】


蓮浄院は一つの宗派に捉われない単立の寺院である。

水子供養は、さいたま市にある「本院」、埼玉県の蕨駅から徒歩5分の「川口別院」で行っている。 

駅前という地の利を活かし、またインターネットを活用した新しいタイプの水子供養を展開している。

問い合わせや依頼は埼玉県内に限らず、遠くは仙台、静岡などからあり、四国の徳島から水子供養の為だけに埼玉へ訪れた方もいる。

千葉や神奈川、東京からの依頼は日常的のようだ。

水子供養を始めた動機は『水子供養を通して、若い世代の方々に仏教との縁をもっていただきたい』という真摯なものである。

若い世代が心配するお布施は「お気持ち」という表現は使わず、インターネット上ではっきりと明示しているのも新しいやり方だ。

もともとお布施に明確な額などないのです。しかし「お気持ちで」では、若い方に検討もつきません。 ですからホームページ上ではっきりと料金を示しているのです。

特にお若い学生の方などにとって三万円は、厳しいかもしれませんので、出来る限り相談にのるようにしています。

たとえば『今、五千円しかないのですけど・・・』という方にも『お寺にいらっしゃい』と声をかけます。

『若い方はお寺は初めてという方も多いですから、仏教語で話しても通じません。』

法話は、ご縁と感謝の気持ちをもって今後を生きることを話すという。

依頼は土日に集中する。一日で複数の依頼がある時も多く月単位では結構な数に上る。

最近気づくのは、携帯電話からのアクセスだという。

九州の福岡からの依頼で「お寺に行けないけど供養してほしい」と言うので、 供養の間、携帯電話をオンラインにしてお互い離れた場所で、供養に参加したケースもあったそうだ。