本文へスキップ

水子供養、人形供養の蓮浄院。
水子供養、人形供養受付

実用書のご紹介とインタビュー

実用書のご紹介

水子供養実用書

これからの水子供養/且l季社発行
監修:藤井正雄(大正大学名誉教授)
平成20年1月30日発行
水子供養の寺【龍海寺別院】(現 宗教法人青雲山蓮浄院)


龍海寺別院は一つの宗派に捉われない単立の寺院である。
水子供養は、さいたま市にある「別院」、埼玉県蕨市にある駅前ビル「蕨分室」で行っている。 
駅前という地の利を活かし、またインターネットを活用した新しいタイプの水子供養を展開している。
問い合わせや依頼は埼玉県内に限らず、遠くは仙台、静岡などからあり、四国の徳島から水子供養の 為だけに埼玉へ訪れた方もいる。千葉や神奈川、東京からの依頼は日常的のようだ。
ホームページには『水子供養の龍海寺』と書いてあり、水子供養専門寺院であることになんの戸惑いもブレもない。 水子供養受付専用電話を設け、朝7時〜夜11時まで電話を受付ている。
住職の浄寛師は別院と分室を取り仕切るかたわら、全国の葬儀を支援するNPO法人を組織し、 その理事長としての執筆活動や講演会などで全国を跳びまわっている。水子供養をはじめて今年で三年になる。 完全予約制で個別供養である。
動機は 『水子供養を通して、若い世代の方々に仏教との縁をもっていただきたい』という真摯なものである。 若い世代が心配するお布施は「お気持ち」という表現は使わず、インターネット上ではっきりと明示しているのも新しいやり方だ。
もともとお布施に明確な額などないのです。しかし「お気持ちで」では、若い方に検討もつきません。 ですからホームページ上ではっきりと料金を示しているのです。特にお若い学生の方などにとって三万円は 厳しいかもしれませんので、出来る限り相談にのるようにしています。
たとえば『今、五千円しかないのですけど・・・』という方にも『お寺にいらっしゃい』と声をかけます。
龍海寺の場合、別院と分室では水子供養の料金が違う。一霊につき三万円で、
二霊目以降は二万円ずつ追加となる。分室で行う場合は、一霊につき二万円。
二霊目以降は一万円ずつ追加となる。
『分室の方がお布施が安いのは、分室はより多くの方が来やすいように、駅前に新たに開設した場所だからです。 三万円が高いと感じる学生さんなどには、分室の方に来てもらいます。もちろん供養の内容に違いはありません。』

普段から地域のバレーボールクラブの監督という立場を通して、若い世代の方と接しているだけに、話し方もソフトで、 電話で相談を受けた場合も先ずは友人のように話の聞き役に廻るなど、話しやすい印象を与える。

『若い方はお寺は初めてという方も多いですから、仏教語で話しても通じません。』と言う。
法話は、ご縁と感謝の気持ちをもって今後を生きることを話すという。
依頼は土日に集中する。一日で複数の依頼がある時も多く月単位では結構な数に上る。

最近気づくのは、携帯電話からのアクセスだという。九州の福岡からの依頼で「お寺に行 けないけど供養してほしい」と言うので、 供養の間、携帯電話をオンラインにしてお互い離れた場所で、供養に参加したケースもあったそうだ。
                             平成20年現在


宗教法人青雲山蓮浄院 埼玉本院

〒339-0073
埼玉県さいたま市岩槻区上野6-6-5

TEL 048-793-3115(代表)