本文へスキップ

水子供養、人形供養の蓮浄院。
水子供養、人形供養受付

水子供養とは

供養とは

水子とは、胎内に宿った大意なる一つの生命が、様々な理由によって、
出生できなかったお子様のことを言います。
このお子様は、水子として暗闇をさまよい、きっと明るい光の出口を探していることでしょう。
今生きている私たちがいずれ行くこととなる極楽浄土。
同じ浄土に行きたい、成仏したい、という願いをもって、誰かの助けを求めているのです。
このお子様の願いを聞いてあげ、叶えることができるのは、貴女なのです。
今、貴女が『供養をしてあげたい・・・』というお気持ちになった時、
きっとお子様はその気持ちに気付き、嬉しく、期待を持って、早くその日を待っていることでしょう。
『供養してあげたい・・・』と思った時、その時が供養にいちばん適した時なのです。
この貴女の『供養したい気持ち』を、お子様の『供養されたい願い』にしっかりとお届け致します。
極楽浄土で成仏するようお導きすること、それが水子供養なのです。


子供とは

水子といえども、既にこの世に生を受けた存在です。
母体に宿った時・・それは大きな、大きな、尊い生命の誕生なのです。

生まれ変わり・・輪廻転生の一説によれば、
人は生まれ変わるのに、50年かかるとも言われております。

母親の胎内に宿った時、それはあちらの世界で
これからの長い人生の設計をし、目標を決めて宿っているのです。

次の人生では、どこの国に生まれるべきか、どんな環境がいいか、
そして・・・どの親を選ぶべきか・・・・。
・・・と、子は親を選んで生まれてくるのです。
お子様は貴女を親として見つけて、選んで体内に宿って下さったのです。

こうした考えからも、水子を決して安易に捉えることはできません。
せっかく何十年もかけて、貴女を見つけ親として決めて下さったお子様です。
貴女とは偶然ではなく、大きな意味と深いご縁を持っていたお子様だったのです。


人生には失敗と後悔ばかり

こうしてお子様を思うと、大変大きな事態であったことに気付くかと思います。
しかし、人生には思うようにいかないことが、多々あることも現実です。
健康的理由、経済的理由、社会的理由・・・、 生みたくても、生めない状況だった方、生みたくても、生まれてきてくれなかった方、 妊娠するつもりはなかったのに、まさかの受胎・・・
もちろん失敗もあるかもしれません・・・
水子となってしまった経緯は人それぞれ、様々な理由があることは、十分ご理解をいたします。
後悔、失敗の無い人生を送れる方はいないのです。
誰もが、様々な後悔や失敗をしながら生きていくのがこの世なのです。
過去を責めても何もならないのです。
厳しい言葉を言っても、過去は変えられないのです。
これからの生き方が大切なのです。


前向きに明るく生きてほしい

いつまでも後悔し、または気にしすぎることで、貴女が後ろ向きの人生を歩むことがお子様の為ではありません。
貴女が一度心を込めてご供養し、そして前向きに、明るい生活を送ることもご供養なのです。
貴女自身の心が安らかになり、前向きな気持ちを持っていただくことが大切です。
供養されたお子様は、御仏となります。御仏という大きな存在です。
貴女という母親を、今度は見守り、支えてくれる存在となるでしょう。
だからこそ、元気に、明るく、前向きに頑張っているお母さんの姿を見せてあげましょう。それがいちばんのご供養ではないでしょうか。
それがお子様の願いであり、蓮浄院からの想いです。


水子の祟り(たたり)はありません

『何か物事がうまくいかない・・・。』
『水子の後に生まれてきた子供の様子がおかしい・・・。』
『子供が生まれない・・・。』
『変な夢を見る・・・。』
『事故が多い、病気が多い・・・。』
こうした現象を感じることによって、
『水子の祟りが怖い・・・』
『水子との縁を切りたい・・・』と仰る方がおります。
確かに水子供養をしていない女性に、後から生まれた子供が障害を持って生まれてきた、または子供が生まれない・・
母親本人が、よく事故に合う、病気がち・・・というケースはあるかもしれません。
しかし水子は祟る存在ではありません。 怖い存在として考えるものではありません。祟るのではなく、親を慕っているのです。
『供養をしてほしい』という気持ちに気付いてほしいのでしょう。
子が親に甘えるのは生きていても、霊となっても同じなのです。
その気持ちに応えて差上げることが親の役割であり、愛情でしょう。


貴女がお子様にできること

今、貴女がお子様にできることは、後悔でも失敗を悔やむことでもありません。
いつまでも自分を責めることでもありません。
今、できることは、先ずは供養をして差上げることだけです。
そしてその時は、一心に気持ちを伝え、思いっきり泣いてもいいでしょう。
『ごめんね。』という気持ち『お母さんはまだまだ頑張るからね。見守っていてね。』という気持ちを伝えて差上げます。 そしてその後は、少しずつで結構です。明るさ、元気を取り戻して下さい。
前向きに頑張っているお母さんを見せてあげて下さい。
御仏となったお子様が安心して、喜んで下さることでしょう。


供養するときの気持ち

  

先ずは、何億人もの女性の中から、貴女を母親として選んで下さったこと、
受胎してくれたこと・・・、
そのご縁に『感謝の気持ち』を持って下さい。
そして、どんな理由があったにせよ、
この世に産んであげられなかったこと、産めなかったこと・・・、
その不幸に『ごめんねの気持ち』を持って下さい。
最期にいちばん大切なのことは、これからご供養することによって、 お子様が仏様になること・・・成仏することに『信じる気持ち』を持って下さい。
貴女が成仏を疑っていたのでは、これから仏となるお子様がかわいそうですよね。
『信心(しんじん)』・・・これがいちばん大切な気持ちです。
水子供養とは、水子に貴女のお気持ちを届け、そして成仏させると同時に、
皆様の今後の幸福を祈る供養なのです。
水子の成仏と同時に、皆様に幸福が訪れることを真剣にお念じ申上げます。
                                  合掌


宗教法人青雲山蓮浄院 埼玉本院

〒339-0073
埼玉県さいたま市岩槻区上野6-6-5

TEL 048-793-3115(代表)